めまいとは?

私たちの脳は、目からの視覚情報、耳 (内耳) の平衡覚器 (前庭器) からの信号、手足、首などの筋肉や関節からの深部知覚情報を受けて自分の運動や姿勢を認識しています。これらの感覚器の一つでも調子が悪くなると、誤った情報が発信されて正しく認識されずに「めまい」を感じます。もちろん情報入力を統合する脳の病気でも「めまい」が起こります。これを「中枢性めまい」といい、脳の出血や梗塞などの血管障害や腫瘍などが あります。これに対して視覚、前庭感覚、深部知覚の異常で起こるめまいを「末梢性めまい」といいます。視覚はレンズ、網膜、視神経などの異常で、深部知覚は糖尿病などで障害されますが、中枢性を含めて圧倒的に多いめまいの原因は、前庭系すなわち内耳の障害です。

末梢性めまいと中枢性めまいの主な特徴
末梢性めまい 中枢性めまい
1.主に内耳の障害 (耳鼻咽喉科)
2.めまいは強く、グルグルまわることが多い
3.耳鳴り、聴こえ難さ、耳がふさがった感じ
    があることが多い
4.頭の位置を変えるとめまいがする
1.主に脳幹・小脳の障害(神経内科・脳神経外科)
2.フワフワ浮いた感じ、ふらつき、動揺感などがある
3.立てない、歩けない、舌がもつれるなど麻痺の症状
    があれば、すぐに専門科を受診すべきかどうかを
    かかりつけ医に相談する

代表疾患:メニエール病、良性発作性頭位めまい症

突発性難聴、前庭神経炎

代表疾患:脳出血、脳梗塞、脊髄小脳変性症、脳腫瘍

危険なめまい−中枢性めまい−

めまい

末梢性のめまいは、生命に別状はなく、安静にしてじっとめまいが治まるのを待って、翌日耳鼻咽喉科を受診しましょう。


しかし、立てない、歩けない、舌がもつれるなどの麻痺症状があれば脳卒中の徴候ですから、かかりつけ医に連絡が取れなければ救急車を呼んで神経内科や脳神経外科のある病院へ搬送してもらいましょう。


末梢性めまい−最も多い良性発作性頭位めまい症−

眼振検査

良性発作性頭位めまい症 (BPPV) は末梢性めまいのうち最も頻度の高い疾患で、頭を動かすたびにめまい発作を繰り返すのが特徴です。耳鳴り、難聴や中枢神経症状はなく、じっとしていれば、通常10〜20秒程でめまいは消失します。これは内耳の前庭内で、卵形嚢の耳石 (じせき) が脱落して半規管内に移動してしまったためとされています。

眼振検査で眼球の動き (眼振) の方向や特徴から、患側 (右耳か左耳か) と病巣 (後半規管か外側半規管か) を診断し、耳石置換法 (後半規管型にはセモン法、外側半規管型にはレンパート法) を行うことにより、1回から2、3回で効果を示し、速効が期待できますので、是非とも耳鼻咽喉科でめまいの検査を受けてください。ただし高齢者の場合、動くと目が回るため検査や治療ができず、じっとしているため 1〜数週間めまいが続くこともあります。


くり返すめまい−メニエール病−

メニエール病は精神的・肉体的疲労、ストレス、睡眠不足などから内耳の機能障害「内リンパ水腫」とよばれる内耳のむくみにより、回転性めまい・難聴・耳鳴りなどを繰り返す病気です。めまいは数時間続きますが、長くても一日以内にはおさまります。めまい発作を繰り返すうちに徐々に聴力が低下していくこともあります。

治療としては4〜5日安静とし、めまいや吐き気がひどくて薬を内服できなければ、抗めまい薬吐き気止めの点滴注射でめまいが治まるのを待ちます。心身の安静を保つことができれば容易に回復します。その後、内耳のむくみを取り除き、めまいなどの症状を改善する浸透圧利尿薬を使います。

東洋医学的には 気虚(ききょ)、肝鬱(かんうつ)、水毒(すいどく) などの状態で、補気剤・柴胡剤・利水剤等を用いて様子をみることもあります。日頃から疲れをためず、めまいのことをあまり考えすぎないことも大切です。

メニエール病とよく似た病気に「遅発性内リンパ水腫」があります。これも内耳のむくみによって起こる病気ですが、すでに難聴のある方に起こるのが特徴です。さまざまな原因(突発性難聴や中耳炎など)で難聴になった後、数年〜数十年経ってめまい発作を起こします。症状や治療法もメニエール病とほぼ同じです。


急性めまい診断フローチャート

メニエール病診療ガイドライン 2011年版 (抜粋)

1.メニエール病の基本的概念と診断基準、症状の特徴

メニエール病は難聴などの聴覚症状を伴うめまい発作を反復する疾患で、その病態は内リンパ水腫である。

1)メニエール病確実例
難聴、耳鳴、耳閉塞感などの聴覚症状を伴うめまい発作を反復する。
2)メニエール病非定型例 (蝸牛型)
難聴、耳鳴、耳閉塞感などの聴覚症状の増悪、軽快を反復するがめまい発作を伴わない。この病型は確実例へ移行する症例が少なくない。
3)メニエール病非定型例 (前庭型)
メニエール病確実例に類似しためまい発作を反復するが、聴覚症状の変化を伴わない。この病型は原因不明の反復性めまい症との鑑別が困難な場合が多く、確実例への移行も少ない。

○診断に当たっての注意事項

@メニエール病確実例、非定型例の診断にあたっては、メニエール病と同様の症状を呈する内耳・迷路性疾患、小脳、脳幹を中心とした中枢性疾患など原因既知の疾患を除外する必要がある。
Aめまいを伴う突発性難聴ではメニエール病初回発作と鑑別がつかない場合があり、めまい発作の反復を確認した上で本疾患と診断する。

○メニエール病の症状の特徴

@めまいの特徴

めまいは特別の誘因なく発生し、嘔気・嘔吐を伴うことが多く、持続時間は10分程度から数時間程度である。なお、めまいの持続時間は多様であり必ずしも一元的に規定はできないが、数秒〜数十秒程度の極めて短いめまいが主徴である場合、メニエール病は否定的である。
めまいの性状は回転性が多数であるが、浮動性の場合もある。
めまい・難聴以外の意識障害、複視、構音障害、嚥下障害、感覚障害、小脳症状、その他の中枢神経症状を伴うことはなく、頭が割れるような激しいめまいを訴えることもない。
めまい発作時には水平回旋混合性眼振が観察されることが多い。
めまい発作の回数は週数回の高頻度から年数回程度まで多様である。家庭、職場環境の変化、ストレスなどが発作回数に影響することが多い。

A聴覚障害の特徴

聴覚障害は、おもにめまい発作前または発作と同時に発現・増強し、めまいの軽減とともに軽快することが多い。
聴覚症状は難聴、耳鳴、耳閉塞感が主徴で、これらが単独、あるいは合併してめまいに随伴、消長する。また強い音に対する過敏性を訴える例が少なくない。
難聴は内耳障害による感音難聴で、病期により域値が変動する。発症初期には低音域を中心とし可逆性であるが、経過年数の長期化とともに次第に中、高音域に及び、不可逆性となることが多い。
難聴は初期には一側性であるが、経過中に両側性 (メニエール病の両側化) となる症例がある。

2.急性期めまいへの対応

1)急性脳血管障害を除外する
全身状態と構音・発音・嚥下障害、上下肢麻痺の有無を観察し、急性脳血管障害の疑いがあれば脳画像検査 (出血の検出のためCTを優先) 施行、神経内科、脳神経外科紹介搬送。
2)急性期めまいの治療
補液、7%重曹水 (メイロン)40〜250ml点滴静注、鎮吐薬・抗ヒスタミン薬 (トラベルミン)・抗めまい薬、抗不安薬をめまいの状況により適宜選択する。
3)難聴を伴う急性期めまい
メニエール病発作ではめまいに難聴を伴う、あるいは難聴の増悪をきたし、この場合副腎皮質ステロイド、血管拡張薬を主体とした治療が行われる。メニエール病以外で、突発性難聴など内耳障害による急性難聴では、治療開始時期が聴力の予後に大きく影響するので、早期に耳鼻咽喉科専門医を受診することが推奨される。
4)めまいが治まったら
急性期めまい鎮静後は、平衡障害の状況、内耳前庭障害の状態、中枢性平衡障害の可能性などについて専門的な平衡機能検査を行うことが推奨される。

3.メニエール病の発作予防

1)保存的治療
生活指導 (過労・睡眠不足・ストレスの回避)、心理的アプローチ、薬物療法 (浸透圧利尿薬、内耳循環改善薬、抗不安薬、ビタミンB12漢方薬)